男性

地震の予測ができるようになるには|被害を食い止めろ

予報精度は低い

ウーマン

確率が低すぎる

巨大地震が生じると様々な影響を及ぼします。家屋や建物の倒壊やそれに伴う火災、そして沿岸では津波など大勢の犠牲者を出すこともあり得る災害なのです。しかも広範囲で生じることが多く、犠牲者の数も多くなってしまう傾向にあります。そのため地震発生を予測する研究が進められています。気象衛星を使用した天気予報ですら精度の向上はしているものの、100パーセントの確率で当たることはありません。自然現象の予測はそれほど難しいのです。地震の予兆としてとらえることのできるものの変化を定期的に観測して、変化があれば、巨大地震につながるかどうかを見極める程度にとどまっています。日本付近は地震の数も多くなっているため発生するメカニズムに対するサンプル数も多いのですが、精度向上には至っていないのです。

自分で対策をとる事が一番

現状では予測というよりも予知に近い形になっています。今後数か月以内に発生する可能性が何パーセントあるという根拠で地震の予測は行われますが、天気予報と異なり、その精度は極めて低いとともに、発生の確率は1パーセント未満になるなど正確な情報として使用する事ができにくくもなっています。そのため予測をあてにすることは極めて難しく、自己防衛をすることに注力することが賢明であるといえます。いつ起きても適切な対処をすることができるように避難場所の確保や家族との連絡をどのようにとるかなどの対策を常に意識しておくことが最も大事なポイントになります。特に沿岸部などに住んでいる人は津波への対策が必要であるため、高台の確保なども必要になります。

作業員

便利なアプリ

地震の予報アプリをダウンロードしている方は、たくさんいると思います。地震がくる直前ではありますが、きちんと通知を出してくれるので、それなりに落ち着いた行動をとれるようになっています。とても便利なのでおすすめです。

災害被害

日本の都市は災害に脆弱

動物や植物には、人間には感じきれない予兆を感じることができます。そこから、地震の予知のために活かせないかと研究が行われているのです。特に、日本は地震の危険がある都市が多いです。そのため、この予知には期待が高まっていると言えます。

困る人

災害時の行動

地震を予測した情報を使うことで、万が一の場合でも適切な対応をすることができるようになっています。そのために、多くの人は地震に関する予測情報をスマートフォンなどを使って得ていると言われています。

突然の地震に備えておこう予測情報がすぐにわかる
このエントリーをはてなブックマークに追加